薬通販|クラビット|ジスロマック|バルトレックス|性病STD

昨今までに様々な抗生物質が開発されてきました。
しかし、副作用があったり、体内の乳酸菌まで死滅させてしまったりという問題も多かったことも事実でした。
そんな中、1990年代に国内でも処方されるようになったのが、第一三共株式会社が開発したニューキノロン系の抗菌剤のクラビットです。
これまでも抗生剤の様々な問題を軽減あるいは克服しながらも、滅菌性が強い薬で、現在では性感染症だけでなく、術後の感染症防止や耳鼻咽喉科、泌尿器科、婦人科などで幅広く処方されています。

oi

特に、クラミジアの特効薬として右に出る薬はありません。
クラビットの最大の魅力は、副作用の症例報告が極めて少ないことと、服用時に胃薬などの余計な薬が必要ないこと、それにほかの薬との飲みあわせが悪いものも少ないということです。
さらに、クラミジアだけでなくブドウ球菌型による淋菌など幅広く効能があるだけに、幾種類もそれ用の抗生剤を順次服用することも必要ありません。
ただ難点は、薬価が高いということでした。
今でも500mg錠剤では1錠500円近くします。
幸い2010年にこの薬の特許期間が切れたことで、他社でもジェネリック薬として製造できるようになりました。
我が国の監督官庁では未だに認可されていません。
ただ、海外では既に流通しているものもあり、中には数分の一の薬価もあります。
こうしたジェネリックは、並行輸入のクラビット通販業者を通じて購入できるのです。
とりわけ、海外の政府機関により認可されているジェネリック薬だけを専門にするクラビット通販業者であれば、安心して利用できるのではないでしょうか。
例えば、中長期での服用は医療費の負担も大きくなりますので、そうした時はクラビット通販業者経由でのジェネリックを使ってみるのも良いでしょう。

気になる副作用

細菌による感染症に対する治療薬として用いられるクラビットですが、中耳炎や副鼻腔炎などだけでなくクラミジアなどの性病の治療にも多く利用されています。
副作用は、かゆみ、発疹、頭痛、めまい、下痢、吐き気、不眠などが挙げられます。
これらは比較的軽い症状で済みますが、中には重い副作用を引き起こす可能性もあります。
アナフィラキシーショック症状や、急性腎不全、けいれん、肝機能障害、黄疸などの症状が現れた場合はすぐにでもかかりつけの医師に向かいましょう。

服用方法を説明

クラビットは、細菌に対して高い効果を発揮してくれるお薬です。
このお薬は、食後に服用するのが原則となっています。
服用する量や回数に関しては、その人の病状によって異なりますので、医師に言われた量をきちんと守って飲むようにしてください。
比較的、副作用が少ない薬と言われていますが、人によっては頭痛や吐き気などの症状が起こる場合もあります。
万が一、何か異常を感じた場合には、直ちに服用をやめて医師に相談してください。